メインイメージ

なぜ脱毛するのか

テレビや雑誌、インターネットなど情報が溢れる昨今、【脱毛】という言葉を見ない日はないほど、今や脱毛は私たちの生活に欠かせないものになっています。顔や手足など普段露出しているところを自分で処理するのはもちろん、現在では脱毛専門サロンも多数存在しており、そこで脱毛を施術してもらっているという話しも、珍しくなくなりました。一昔前までは、ある程度は気にしていたにせよ、ここまでムダ毛に対して神経質ではありませんでした。いったいいつ頃から私たちはこれほどムダ毛を気にするようになったのでしょうか。そもそもムダ毛の定義は、世界中の国々で異なるもので、日本ではムダ毛にあたるものが他国ではムダ毛とは呼ばれていない場合もあります。
また、江戸時代の日本では、眉毛はムダ毛にあたり、処理されていたそうです。このようにムダ毛に対する基準というのは、国によっても時代によっても変わってきています。最近の日本は、男女共にムダ毛に対して非常に敏感になっているようですから、自宅でのムダ毛処理を行う機会も多いことでしょう。その際は、無理をせず、自分の体と皮膚をいたわりながら脱毛をするように心がけましょう。
なぜなら、あまり頻繁に脱毛処理を施すと、皮膚が痛んでシミになってしまうことがあるからです。一度シミになってしまうとなかなかもとの状態に戻すのはむずかしいですから細心の注意を払うことが大切です。脱毛した後は肌のケアも十分行うようにしましょう。

自宅とサロンでは

さて、実際脱毛を行う場合、自宅で自分の手で手軽に行うか、あるいは費用がかかってもエステサロンや医療機関にお願いするか、迷うところでしょう。自宅とエステサロンを比較して、それぞれのメリット・デメリットについて考えてみま・・・

脱毛の歴史

脱毛】の歴史は意外と古く、紀元前4~3世紀頃から行われていたようで、当時使われていたのは脱毛ワックスのようなものだと言われています。19世紀には入ると「電気分解法」という脱毛方法が開発されます。この方法は、毛穴に・・・